私設の宝塚歌劇ファンファンクラブの会について

宝塚歌劇団ファンになったらだんだんわかると思いますが、ファンクラブの中に私設のファンクラブがあります。これは私設ですから公式ではありません。そしてファンクラブという名前でもありません。何とも古風な呼び方なのですが「会」という名前で呼ばれているのです。この会はそれぞれのタカラジェンヌごとで作られていますので、自分が好きなタカラジェンヌの会に入ればいいことになりますよね。この私設の会、運営してくれているのは私設ですからファンの中から代表が決まってボランティアで運営してくれているのが特徴です。会員によっては数十人しかいない会もありますが、それ以外にも数千人規模の会員が登録している会もあるので驚きですよね。

会の一員になれば楽しい事ばかり

会の一員になったら楽しい事ばかりが待っています。チケットを用意して配り、会服というお揃いで揃えるトレーナーを着てみんなで劇を見るという事もあります。会総見という名前がついています。全員お揃いの服を着て観賞している姿はきっとタカラジェンヌたちからも見えていますから、盛り上がるのだと思います。それだけでなく、なんとタカラジェンヌの私生活に入り込んでいるファンもいるようです。この会に入っているとタカラジェンヌのペットの散歩をしたり洗濯をする事もできると言いますので、すごいですよね。身の回りの世話をさせてもらえる権利がもらえる訳です。親衛隊のような、とにかくすごいですよね。

私はまだ一人ですが

私はまだ一人の会にしか入っていないのですが、ファンになってから知り会った人なんかは、とにかく数人のタカラジェンヌの会に入っています。先日は実際にタカラジェンヌとのお茶会に行ったとかで喜んでいましたよ。本当にすごいなって思います。私は仕事もしているので、まだそこまで参加していないので、今どの会に入ろうか検討していたり、自分が参加できるイベントがあるかどうかを調べているような段階なのですが、これからもっともっと精力的に参加していけたらいいな、とは思っているところです。色々なイベントがあるみたいですから、そのイベントに参加していきたいなと思います。それもまた演劇だけじゃなくて楽しみです。