団員の私生活を暴露せず宝塚歌劇団ファンとして充実した毎日

宝塚歌劇団のファンになってからもっと団員の人のことを知りたい、生活を知りたい、私生活はどうなのかなど色々と調べていてわかったのですが、どうやら、私生活を暴いてはいけない事になっているようです。掟の一つとしてファンの中では有名のようです。

掟の一つすみれコードについて

すみれコードと聞けば宝塚歌劇団ファンならだれもがわかると言っても過言ではありません。これは団員の本名も年齢もさまざまなことを非公開にして活動しているために、それらを公開したり、暴露したり、暴いたりしようとしてはいけないルールなのです。多くの人が、知りたいと思うかもしれません。また知りえる事もあるでしょう。でもそれを口外してはいけませんし、人に言ってもいけないのです。なんてルール何だろうと思うかもしれませんがそれがすみれコードと呼ばれる掟なのです。

宝塚歌劇団ファンになって忙しくなった

掟を守りつつもこうして毎日ファン活動をしているわけですが、本当に忙しくなったなと感じます。なぜこんなに忙しくなったのかと不思議に思うのですが、宝塚ファンというのは実はとっても忙しかったりするのです。公演スケジュールはあらかじめ発表になっています。そしてきっとスケジュールの予定やお金の事からすべての公演に行くことは難しいと思うのですが、スケジュールに都合をつけて何とか少しでも行きたいと思うのではないでしょうか。そうして予定を埋めていると意外と忙しくってハードなファン活動になります。公演だけでなく集会もありますしファンだけで集まるオフ会のようなものにも顔を出したりしていると、やっぱり忙しい毎日です。

忙しくても楽しい日々を送れるのは

忙しくても楽しい日々を送っているのですが、その理由は、やっぱり生きがいとして毎日楽しみがあるからだと思います。人は仕事を頑張るのには理由がいると思うんですよね。理由がないと頑張れないですから。理由があるからこそ日々頑張れるってものですよね。その頑張る生きがいが私にとっては宝塚なんですよ。もしもあの時宝塚に出会っていなかったら今の私は、何を生きがいにして生きていたのだろう、仕事を頑張っていたのだろうと思うと、ちょっと怖くなりますね。